PERCEPTO Days 1706

2017.06.28 Wednesday

0

     BiSHの幕張どうしようかなぁ。younGsoundsサンもそろそろ地味に活動再開していきたいしなぁ。てか、新曲の歌詞未だに纏まらず...。あ、もう新曲じゃないか。にしても、色んな欲が出て纏まるもんも纏まらない状態だし、今まで4パターンくらい考えたけどそれらでライヴやっているイメージが浮かんでこないんだよねぇ。それホント重要な事なんだよなぁ。って事は、オレはそれを求めてはいないって事なのでやっぱりやり直しなのかなぁ(笑。ヘコタレてたので、先日の<BOMBER -E>でのBiSHのライヴを観たら、アユニちゃんが逞しくなっててグッときた。アイドルの時間の密度の濃さはやっぱり異常だな。それゆえに儚い。

     

     大好きな日本を代表するインダストリアル・ノイズ/パワーエレクトロニクス軍団:GRIMの中心人物『小長谷淳』サンのソロアルバムが素晴らしくて震えまくっております。ま、そもそも1984年に、現在VASILISKで活躍している桑原サンと共にWHITE HOSPITALというこれまた国産インダストリアル・ノイズ最高峰なグループを結成したお方で、もうね、小長谷サンと桑原サンってのは孤高の存在なワケです。そんな『小長谷淳』サンがソロアルバムを出す、しかもアナログ200枚という事で取りこぼしのないようにとアンテナ張りまくってました(笑。実際、前作は入荷出来ず涙を飲んだ次第。ソロ作品に於ける小長谷サンの立ち振る舞いもそれはもう素晴らしく、GRIMとはまた一味違った荘厳な世界で魅せてくれますです。ホント、ファンタスティック!特にアルバムのタイトル曲ともなっている「Memento Mori」。これはソロ作品の特徴とも言えるオルガンとヴォーカルによる楽曲なんですが、その美しさに腰抜かします!オルガンとヴォーカルが織り成すそれはまるで宗教音楽のようにも響き、間違いなく聴くモノを救済してくれます。勿論、今まで培ってきたコアな部分も見事に活かしており、だからこそ惹かれたヒトたちはより深く、より深くへと誘われちゃうんですけどね。呪術ビートに空気を切り裂くような声が堪らない楽曲もあったり、何回聴いても慣れる事のない感動があるレコードに仕上がっちゃっているんです!!!最高です、小長谷サン!!!!

     

      それでは、GRIMの海外公演の映像を。素晴らし過ぎる!!!

     

     7月5日は 夢眠ねむサンのヴォーカロイドなアルバムが「夢眠ネム」名義でリリースされますが、その盤には ねむヴォーカロイドによる「コズミックメロンソーダマジックラブ」も収録されており、個人的に堪らんのです。オリジナルは入手が結構困難になってるようですが、未開封がオレの手元にあります(笑。推し以上だよ、夢眠サン。またお会いしましょう。では、マイライフフェイヴァリットの「コズミックメロンソーダマジックラブ」をどうぞ。

     

     

     

    ★本日の入室

    【VINYL】

    JUN KONAGAYA / Memento Mori 【 FABULOUS!!! 】 ( LP/STEINKLANG/EU ) 

    TERRY RILEY / Persian Surgery Dervishes 【 AMBIENT 】 ( 2LP/AGUIRRE/EU )

    MAGGI PAYNE / Crystal 【 AMBIENT/電子音楽 】 ( LP/AGUIRRE/EU )

    STRAWBERRY SWITCHBLADE / 1982 4-Piece Demo 【 NEW WAVE 】 ( 7"/NIGHT SCHOOL/UK )

    ROBERT MONTGOMERY / Time Of The Day 【 MODERN SOUL 】 ( 7"/SOUL JUNCTION/UK )

    TOM AND BOOT BOYS / Punks Are Ripped Off 【 PUNK/HARDCORE 】 ( 7"/POGO 77/JPN )

    PERCEPTO Days 170622

    2017.06.20 Tuesday

    0

       「マツコの知らない世界」を何気なく観てたら MAYHEMのニットキャップ被って QP CRAZYのTEE着てるヒトが出ていてガン見してしまった(笑!! それでは、もう7年も前になるお気に入りのアルバム「Ordo Ad Chao」からお気に入りの曲「Anti」をどうぞ。

       

       younGSoundsというバンドに参加しているのですが、数年前に一度、そう、せのしすたぁ と対バンしたときにやった曲があるのですが、ヴォーカル全編手直しという事をやっていたらどんどん闇に嵌って、曲名から遥か彼方かけ離れた地点に着地してしまって途方に暮れております(笑。もう、完全にアナーコパンクな感じな歌詞。いや、これはこれで個人的に満足なんですが、直球過ぎてySらしくないので、またスタート地点に戻って言葉繋ぎ始めますΣ(゚д゚lll)!!

       

       さ、アナーコパンクという事でCRASSの中で一番好きで、今でも個人的な色んな場面で大活躍の「White Punk On Hope」。THE CRASH に影響されてパンクに足を踏み入れたIGNORANTがTHE CRASHをdisってるのが素敵です。

       "THE CRASHじゃない、俺たちはCRASSだ。ヤツらはパンクで金儲けをする。洒落た会話や抗議デモじゃ何も変わらない。数千人の白人が公園に立ち、人種差別に反対してみせる。でも、黒人にとっちゃ大きなお世話。お前らはだたの白人自由主義者だ。この世の中を目を凝らして見てみろ。支配者にとっては白人も黒人も同じだ。このクソみたいな時代の答え、それがかつてのパンクだった。でも、俺たちが自由になるとヤツらは境界線を引いた。認められるのは政治と階級だけ。血気盛んな左翼のヤツらは人種差別反対を叫びながら社会主義エリートどもを助ける。偏見、無知、マルクス主義のペテン、全ては俺たちを黙らせるため。くだらないレッテルで抑圧して俺たちを分裂させようとする。"

       そーいう事。

       

       わぁぁぁぁぁ!!!!!夢にまで見た盤がまさかのリイシューとは涙ちょちょ切れるわぁぁぁ!正規リリースなどありもしない、何故ならドリンク「7UP」のノベルティとして作られたのでホントに僅かな枚数しか、しかも、香港でしか流通されなかった『7-A-SIDE』!!!音楽好きならニンマリする名曲のカヴァーの数々と、それらのアレンジが絶妙で悶えてしまいますよ、コレ!!!音全体に乾いた雰囲気がするのですが、時にドラムの乾いた音の鳴りは非常に素晴らしく、ドラムブレイクとしても使えそうな箇所も当然現れたりして、余りにも興奮しすぎて一回転目は非常に時間が早く感じてしまった次第(笑。個人的にはBOZ SCAGGSの「Low Down」のカヴァーが非常に好き!1977年の香港の煌びやかな空気を感じるシンセの音とかも素敵。にしても、ノベルティものって時として凄いパンチのあるヤツが出てくるので厄介ですよね(笑。今までも、「え?!何これ?ちょーカッコイイじゃん!!」ってのがノベルティ7インチだったりした事結構あった。あと、この盤をプロデュース&アレンジしたNOEL QUINLANって方を調べたら、香港で7UPは勿論、コカ・コーラやリーヴァイス、CITIBANKなんかのCMのジングルなんかも手掛けているので、もしかしたら他にも...、なんて期待も(笑。オーストラリアの<CBS>と契約して数々のアーティストのクラブツアーでサポート参加してるみたいだし、やっぱり期待しちゃうよね、埋もれてる "何か" を!!

       

       

      ★本日の入室

      【CD】

      C.C. / Quam 【 R&B 】 ( CD/HYLYFE PRODUCTIONS/US )

      OST (鏑木創) / 江戸川乱歩全集 :恐怖怪奇人間 【 SOUNDTRACK 】 ( CD/CINEMA-KAN/JPN )

      LIFE'S BLOOD / Hardcore A.D. 1988 【 HARDCORE 】 ( CD/PRANK/US )

      FRET / Punk Goes On 【 HARDCORE 】 ( CD/NEW SIX/JPN )

      FINAL EXIT / Mr.Exshit A Go-Go!!! 【 NOISE GRIND 】 ( CD/OBLITERATION/JPN )

      ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

      【VINYL】

      7-A-SIDE / Super Dancing 【 RARE GROOVE 】 ( LP/WAN CHAI/CHI )

      JD EMMANUEL / Rain Forest Music 【 MEDITATIVE SYNTH NEW AGE 】 ( LP/AGUIRRE/US )

      ONRA / Chinoiseries Pt.3 【 HIPHOP 】 ( 2LP/ALL CITY/US )

      RONALD BRUNER JR. / Triumph 【 HIPHOP/JAZZ 】 ( 2LP/WORLD GALAXY/US )

      MONIQUEA / Blackwavefunk 【 MODERN FUNK/MODERN BOOGIE 】 ( LP/MOFUNK/US )

      DOGG MASTER / Star Child 【 FUNK/TALK BOX 】 ( LP/DOGGY PHANK PALACE/FRA )

      THE NEW JERSEY CONNECTION / Red Light Green Light 【 MODERN FUNK 】 ( 7"/SUPER DISCO EDITS/UK )

      PERCEPTO Days 1706

      2017.06.15 Thursday

      0

         共謀罪可決、これマジ最悪な事で絶対に阻止しなければならなかった...。でもさ、まだここで終わるワケにはいかない。アイツを引き摺り下ろしてやろうじゃないか。いつも以上に Start Todayなんだよ。

         

         出た!某コンピに収録されててめっちゃくちゃ気になってたグループ『THE ORCHESTRA SOLEDAD』!!まさかLPで復刻されるとは思わなんだ!!!てか、ちゃんとアルバム出していたんだなぁ。そもそも『THE ORCHESTRA SOLEDAD』ってこのグループの詳細さえ定かじゃない(笑。ただ、分かっているのは、彼らはあのFANIA ALLSTARSを夢見たニューヨークのゲットーのキッズたちのサルサだって事。オブスキュアという言葉だけでは片付けられない蒼い、そして生き急ぐような音の鳴りがホント最高ですわぁ。パーカッションが洪水のように鳴り響くさまは圧巻で、とことん聴き手をアツくしてくれてウハウハなワケです。で、そこに突然放り込まれる激メロウな「Just Like A Fool」という曲が持つ致死量超えの世界!!ギャングスタオールディーズそのものじゃないか!!このアルバムは最初で最期という事で、この盤に吹き込まれた異常なまでの熱量は奇跡的!てか、こんなの作っちゃったから、この一枚に全て注いじゃったから、結果的にそうなったんじゃないか?きっとそうに違いない!

         

         8月6日はメテオナイトをスルーしてBiSの赤坂ブリッツへ!!!15,000円のチケット当選したので早速入金(笑。回せたらメテオナイトにも行きたいんですが、そんな体力残ってないと思われ..。てか、パンちゃんに少しだけ ゆっふぃー重ねちゃう時あるのオレだけ?姫毛だからか?ま、オレはやっぱり プー・ルイが「Give me your love 全部」を歌うのを観たいんだよ、アノ時からずっとΣ(゚д゚lll)!!

         

         あ、BiSHの新曲も良かったな。まさかこの流れでくるとは思わなかった(笑。MVも良き。

         

         

        ★本日の入室

        【VINYL】

        THE ORCHESTRA SOLEDAD / Vamonos/Let's Go 【 SALSA/LATIN 】 ( LP/BBE/UK )

        FRANKIE & THE SPINDLES / Count To Ten :The Singles Collection 1968-1977 【 RARE GROOVE/SOUL 】 ( LP/PLAY BACK/US )

        THE CROWNS OF GLORY / Won't It Be Grand 【 RARE GROOVE/SOUL 】 ( LP/PLAY BACK/US )

        THE LOVING SISTERS / The Sisters And Their Sons 【 RARE GROOVE/SOUL 】 ( LP/PLAY BACK/US )

        THE MIRETTES / Whirlpool 【 RARE GROOVE/SOUL 】 ( LP/PLAY BACK/US )

        RAS G / The Gospel Of The God Spell 【 HIPHOP 】 ( LP/STREET CORNER MUSIC/US )

        ISSUGI / 7 INC TREE -Tree & Chamber #13 【 日本語ラップ 】 ( 7"/DOGEAR/JPN )

        PERCEPTO Days 1706

        2017.06.03 Saturday

        0

           はぁ、生きているうちには絶対に聴く事なんてないんだろうなぁ、と活字情報を読んでいた十数年前。長生きしててホント良かった(笑。ナイジェリアン・ディスコ・ファンクのコンピで数曲聴く事があったけど、それらはこの再発された盤の後の音だった。『GROTTO』、ナイジェリアはラゴスで結成されたバンド。結成当時、メンバーたちはまだ15、16歳という事だから驚く。カレッジに通う頃にリリースされた、まさに幻と化していた『GROTTO』のデビュー作品をオレは今聴いている!!!!カレッジバンドというどことなくイナタイ感じは皆無。恐ろしいくらいの演奏力!テキストに目を通すと、彼らはカレッジバンドと言ってもスタジオの企画モノとは違い、ライヴを常にやっていたバンドで、FELA KUTIなどとも共演するくらいの実力者だった...。そりゃぁ、納得な楽曲の数々!特に男女の歌声の掛け合いが漆黒感出しまくった密室エレクトリック・ファンクなグルーヴで殺しに掛かってくる「Funk From Mother」なんてのはキケン極まりない!!先述のコンピで聴けた彼らの洗練されたディスコファンクな楽曲も素晴らしいけど、この盤で耳にする事の出来るサイケデリックさも痺れちゃうくらいにカッコイイ!!再発にあたってマスタリングされたらしいけど、それがまた良い鳴りに厚みを出していると思われる。音、ホントに気持ち良いです。ジャケットも素晴らしいし、幻の一枚が復活したって事で祝祭のアフロファンクに酔いしれます!!!!

           

           メジャー移籍前の音源は全て持っている 妄キャリちゃん こと 妄想キャリブレーションですが、今度の新曲でメンバーの桜野羽咲チャンと でんぱ組.inc の 相沢梨紗サンとのユニット:  LAVILITH の音源が収録されてるって事で、久々に期間限定生産のアニメ盤ってのを予約したんですが、先日メイントラックの「桜色ダイアリー」のMVがアップされ、久々に聴く 妄キャリちゃんが随分お姉さんになっていて驚いた(笑。結成当時のメンバーだともう まひるチャンしかいないんだよなぁ。今でも在籍してる羽咲チャンと星野にぁチャンは二期メンバーで、個人的に星野サン推しでした(笑。てか、どーでもいいし、分からないヒトほとんどですよね、labのブログ読んでいただいている方々は(笑。ま、兎に角、久々の 妄キャリちゃんが良曲でした、という報告(笑。

           

           で、オレを虜にして止まないニューオリンズのガールズバンド:GLANDの新しい7インチが出来たって事で速攻ポチった!!流通先が分かれば取り扱いたい物件!もうね、惚れ惚れします。貼った映像は1st.カセットからの名曲「Cram It」!!多分、以前貼ったかもしれません。いつか生で観たいし、出来れば認知されたい(笑!

           

           

          ★本日の入室

          【CD】

          RUDY RAY MOORE / The Rudy Ray Moore Zodiac Album 【 BLACK EXPLOTASION 】( CD/DOLEMITE/US )

          DJ D.A.I. & KILLA TURNER / Hotel Linx 【 MIX CD 】 ( CD/TURRET/JPN )

          DJ MINOYAMA / Boogiedownville Vol.2 【 MIX CD 】 ( CD/THROWBACK/JPN )

          ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

          【VINYL】

          GROTTO / At Last 【 RARE GROOVE/AFRO FUNK 】 ( LP/ODION LIVINGSYONE/US )

          SUN RA / The Definitive 45s Collection Vol.2 :1962-1991 【 FABULOUS!! 】 ( 3LP/STRUT-ART YARD/UK )

          THE EXCITERS / Caviar And Chitlins 【 RARE GROOVE/SOUL 】 ( LP/NATURE SOUNDS/US )

          V/A / VIRTUE Recording Studios 【 RARE GROOVE/FUNK/SOUL 】 ( 2LP/TRAMP/UK )

          ALICE COLTRANE / The Ecstatic Music Of ALICE COLTRANE Turiyasangitananda 【 SPIRITUAL 】 ( 2LP/LUAKA BOP/US )

          QUANTIC & NIDIA GONGORA / Curao 【 NEW WORLD/LATIN/CROSSOVER 】 ( 2LP/TRU THOUGHT/UK )

          ギャランティーク和恵 / 茅ヶ崎メモリー 【 女装家/歌謡曲/絶品 】 ( 7"/ExT/JPN )

          PERCEPTO Days 170601

          2017.06.01 Thursday

          0

             言わずと知れたシスターソウルの名盤!!!インフォに『SPANKY WILSON』の「Doin' It」が正規再発されるという文字を見付けた時の興奮が冷めやらぬまま、盤が手元に届き更に興奮する中年パンクス(笑。この1969年にリリースされたアルバムは『SPANKY WILSON』の盤の中でも一番のウォント率を誇っている。当然、それに見当たった素晴らしいアルバム!!アルバム全部通して聴くのは初めてだったので、47年前の作品だけど新作と同じ気持ちで針を落とす。ま、ここ数年の散財させられている夢のような再発盤の数々は活字情報とMIX CDやyoutubeなんかで聴けた数曲以外は未聴の楽曲が多いので、どの再発盤も新鮮な気持ちで聴いている(笑。この「Doin' It」で数年前に初めて聴いた曲は「Sunshine Of Your Love」だった。そう、あのCREAMの名曲。惚れ惚れするアレンジの文句無しのシスターソウル!特にベース、これホントに殺されるくらいにカッコ良くて耳にこびり付いた。それまでこの曲のカヴァーで一番好きだったのは、いや、オリジナルよりも好きだったのは、ELLA FITZGERALDによるカヴァーだった。が、『SPANKY WILSON』のヤツ聴いて一変したなぁ。もしかしたらヴォーカルだけだったらELLA FITZGERALDの方が鳥肌モンかもしれないけど、このソウルフルなヴァージョンはそれを超えちゃったんだよねぇ。この盤がリリースされた1969年、その同年にモントルージャズ・フェスティヴァルで演奏されたELLA FITZGERALDの「Sunshine Of Your Love」ライヴVer.はやっぱり圧巻だけどね(笑。そして、CREAMというバンドの評価を改めて知る。いやぁ、ホント有難い時代に大人になって、ガキの頃に比べたらレコード買う余裕のある生活が出来て最高です。

             

             リキッドルーム、そこはやっぱりBiSにとっては避けては通れないハコなんだなぁ。ここで生まれた最高の2回のドラマに立ち会えたが、今回の新生BiSのリキッドルームには立ち会えなかった...。やっぱり行くべきだった。そんな映像をニコ生で観てました。いやぁ、結構仕上がってたな、BiSも研究員も。泣きそうになったわ、マヂ。

             

             

            ★本日の入室

            【CD】

            FUK / The Return Of Tommy Trouble 【 HARDCORE 】 ( CD/BREAK THE RECORDS/JPN )

            ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

            【VINYL】

            SPANKY WILSON / Doin' It 【 RARE GROOVE/SOUL 】 ( LP/SOUL BROTHER/UK )

            HERE LIES MAN / s/t 【 HEAVY PSYCH AFRO ROCK 】 ( LP/RIDING EASY/US )

            V/A / Saigon Supersound vol.1 【 RARE GROOVE/WORLD 】 ( 2LP/SAIGON SUPERSOUND/FRA )

            MANTLE as MANDRILL / Mantleep4 - The Sexorcist #13 【 日本語ラップ 】 ( 12"/MAD 13/JPN )

            PERCEPTO Days 170528

            2017.05.27 Saturday

            0

               メテオナイト復活ですね!色んな角度でオファーいただきましたが今回は出演見送りです。という事で今年もその日はメテオナイトではなくお台場の方に言ってる可能性が高いです(笑。あ、あと、谷ぐち家とレスザンTVのドキュメンタリー映画が出来たみたいです。コメント録りしましたが採用されてるかは謎です(笑。多分、没だと思いますが、映画本編は最高な予感なので機会があったら是非。トレイラーもアップされ途中で叫んでるillicit tsuboi師匠の言葉にココロ撃たれます。

               

               パンちゃんとももちゃんのライヴお披露目前に地上波音楽番組でお披露目という事になったBiSサン。普通に面白い絵ヅラ(笑。旧BiS期を含めても7人編成ってのは初めてで、やっぱり多すぎんじゃね?などと思っていたのですが、いやぁ、かなり面白いし7人編成良いっす!白塗りキカ、坊主頭カミヤサキの存在感凄いし、やっぱりルイ無双って事でプー・ルイちゃんの声は掻き立てられます。行ける現場押さえまくります(笑!

               

               1976年の奇跡!『RETTA YOUNG』のアルバム「Young and Restless」がリイシュー!!<ALL PLATINUM>からリリースされた唯一のアルバムで『RETTA YOUNG』のメガレア盤としても有名なアノ盤ですよ〜!!針を落とすと聴こえてくるのは悶絶のミッドナイトメロウな名曲過ぎる名曲「Really Really」!!『RETTA YOUNG』の艶のある歌声も最高ですがトバされるくらいヤバ過ぎるバックの演奏の生み出すグルーヴ感と深夜の恍惚感の素晴らしさに鳥肌立ちまくり!!もうね、1曲目からこんな感じなのでアルバム全体聴き終えた頃なんて完全に抜け殻(笑。で、この盤、メロウチューンの素晴らしさは当然なのですが、ディスコチューンのカッコ良さも別格で、そこにも抜群のソウルマナーを感じられるのはやっぱり旦那でMOMENTSのメンバーでもあるAL GOODMANがプロデュースに関わっているからなんですよね。「My Man Is On His Way」という最強のソウルディスコチューンの後半、ホントに最後の最後らへんに聴こえてくるギターの音色とフレーズの完璧っさたっら...。

               

               

              本日の入室

              【CD】

              楽しい音楽 / ひょっこり 【 FABULOUS!!! 】 ( 3CD/SUPER FUJI DISCS/JPN )

              ダンスクレオパトラ / すれちがうリズム 【 GS/GARAGE 】 ( CD/APRICOT SOUNDS/JPN )

              DESPAIR / 4 Years Of Decay 【 HARDCORE 】 ( CD/RETRIBUTE/JPN )

              ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

              【VINYL】

              RETTA YOUNG / Young And Restless 【 RARE GROOVE/SOUL/DISCO 】 ( LP/EXPANSION/UK )

              WILLIE TEE / Don't Get Caught 【 RARE GROOVE/SOUL 】 ( 7 "/SUPER DISCO EDITS/UK )

              PERCEPTO Days 170515

              2017.05.15 Monday

              0

                 カミヤサキ最高かッ!というワケでBiSサンの新しいMVが公開され、隠れハンザムズなオレはもう堪らないワケです。楽曲は若干BiSH色のある感じで最初「おやッ?」と思いましたが、ルイちゃんがいつになく可愛いし、新しく入ったコのパートが結構耳に残ったりで合格点。で、英語っぽく聞こえる日本語詞というアノ流れ!そう、竜宮寺育!!!解散前のBiSと現体制のBiSを比べる事が非常にナンセンスだって事が前作「Re:STUPiD」で十分理解出来たので新しい楽しみ出来始めてる(笑。そして、LABのショップバッグ持って写真撮ってくれたカミヤサキに再び何かを、何かを!!!そういえば、DOLL誌のメンバー募集ページでスキンヘッドの女子をウォントしてたあのヒト元気かなぁ?って坊主頭が似合いすぎているカミヤサキを見ながらいつも思い出す(笑。

                 

                 BANDCAMPを巡っている時に偶然に耳にした冷徹で攻撃的なインダストリアルな音。『ALEXANDRA ATNIF』とアーティスト名が明記されていた。しかも<DETROIT UNDERGROUND>からその冷徹な音はリリースされたいた。ポチらないという選択肢は無い。そのデジタル音源が『ALEXANDRA ATINF』、彼女にとっての最初のリリースだと思われる。で、当然フィジカルも探し出すワケですが、3本のカセットテープはもう売り切れで、他は全く見つからず、というか、それ以外フィジカルではリリースしていないぽかった。ちょっとした絶望感(笑。そんな中、朗報が!!2014年〜2015年の録音を纏めてくれた二枚組のCDが突如リリースされた!やっぱり、この音を欲しているヒトは多かったのだ!チープな機材とフリーウェアを操り生み出した無駄の無いミニマルなトラックに打ちのめされるオレの脳と身体。かつてのノイズ/インダストリアルが持っていた殺傷能力と凶暴さが見事に蘇ったように思えてガッツポーズしか出てこない!!!!俗に言われるインダストリアル・テクノとは明らかに一線を画した殺伐とした風景。聴いた後に残るのは抜け殻になったオレ。『ALEXANDRA ATNIF』曰く、このサウンドは、ブルータルな手法を用いたブルータリズムからインスパイアされた「リズミック・ブルータリズム」と呼ぶらしい。つくづく最高な女性だ。そして彼女の経歴を見て、建築学と現代音楽を学んでいた事が分かり非常に納得したと同時に恋に落ちた。この盤、ホント素晴らしい!!あ、先ほど、この音を多くの人が欲していた、と発言しましたが、それ撤回。限定250枚プレスという事なので多くのヒトどころか変なコレクターだけが欲していたのかも(笑。しかし、一点ごと趣が違うハンドメイド・メタリック・アート・ジャケットという嬉しさ!

                 

                 

                ★本日の入室

                【CD】

                ALEXANDRA ATNIF / Rhythmic Brutalism Vol.1 【 RHYTHMIC BRUTALISM 】 ( 2CD/ALEXANDRA ATNIF/US )

                FULL OF HELL / Trumpeting Ecstasy 【 GRIND CORE/POWER VIOLENCE 】 ( CD/DAYMARE/JPN )

                ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

                【VINYL】

                DAZZLE / s/t 【 RARE GROOVE/BOOGIE 】 ( LP/EXPANSION/UK )

                J DILLA / J DILLA a.k.a. KING DILLA 【 HIPHOP 】 ( LP/NE'ASTRA MUSIC GROUP/US )

                DOGG MASTER / O.C Girl 【 FUNK/TALK BOX 】 ( 7"/DOGG PHUNK PLACE/FRA )

                MILES BONNY / Miister Man 【 NU FUNK 】( 7"/BASTARD JAZZ/EU )

                PERCEPTO Days 170504

                2017.05.03 Wednesday

                0

                   いやぁ、アルバムの中で一番反応した曲のMVがアップされて、アヤプリはギャンパレにレンタル移籍して、ギャンパレからは旧BiSの最終形態のメンバーだったカミヤサキがレンタル移籍でやって来て、カミヤサキ推しだったオレは色々と複雑で(笑。ま、そんな訳で相変わらず動き方が絶妙な渡辺淳之介手腕にまんまとハマってしまっているのです(笑。「ロミオの心臓」、良い楽曲だし良いMVだし、ゴ・ジーラちゃんの成長著しいので好き。興味無いヒトには???でしょうが、一度食らってみて欲しさある。最近、ご無沙汰なので近々現場へと、と思う中年パンクスです。

                   

                   約2年振りとなる『ENOIS SCROGGINS』先輩のアルバムが届きまして、今回は何とフランスのGファンク界隈では欠かせないビートメイカー:THE TOUCH FUNKがプロデュースを手掛けているという個人的には震えて喜ぶ素敵盤になってますですよ、ハイ!そんな訳で内容もバラエティに富んでいまして、Gファンク的なカッコ良さは当然なんですが、それだけにどっぷり染まる事なく、先輩の代名詞とも言える現行ブギーも炸裂して、まさにモダンなファンクを展開してまして非常に懐の広い盤となっております!49歳にデビューした『ENOIS SCROGGINS』先輩、今作で実に7枚目のアルバムとなりまして、更に貪欲にグルーヴを探求している姿勢にひれ伏すしか出来ないオレ(笑。で、何と言っても今作の目玉はアルバムラストに収録された「Steppin' Out」!!!!コレ、2015年に12インチでリリースされたんですけどプレス枚数も少なくて結局お目にかかる事なく終わってしまった盤で、ソイツが本作に収録されてて、取り敢えずラストから聴いてしまいましたよ(笑!!で、で、で、今作のプレス枚数ですが....、250枚だそうです(泣!!!!!

                   

                   メインアクトのレッチリがサポートアクトのベビメタさんのサポートをするという奇妙な事件が起きたという事で動画観たら楽しかった!多分言いだしっぺはレッチリのドラムのチャドなんだと思いますが、フリーもジョッシュも全開で楽しんでパフォーマンスしていて実に微笑ましい!こんな状況でブレイク前の ♫ずっきゅん♫ で、もあチャンがすぅサンのほっぺにずっきゅん命中させてるのすげーな、と、流石の菊地プロ(笑。これは良質なエンターテイメント。てか、凄い時代線に突入したもんだとしみじみ感じて、あの日の鹿鳴館に思いを馳せました(笑。

                   

                   

                  ★本日の入室

                  【CD】

                  VVORLD / Highway Shit 【 HARDCORE 】 ( CD/toosmall/JPN )

                  ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

                  【VINYL】

                  ENOIS SCROGGINS / Real-E 【 G-FUNK/BOOGIE/MODERN FUNK 】 ( LP/SAPH/FRA )

                  LIVING FUNK / Fools Love 【 RARE GROOVE/FUNK 】 ( 7"/FUNK MUSIC UNLIMITED/US )

                  LIVING FUNK / Let Mind Take The Place Of Your Body pt.1&2 【 RARE GROOVE/FUNK 】 ( 7"/FUNK MUSIC UNLIMITED/US )

                  PERCEPTO Days 1704

                  2017.04.27 Thursday

                  0

                     北海道のタケバヤシゲドウというオトコから魔の銀色円盤が届けられたけど怖くて開封出来ない(笑。今作りかけの新曲が完成したら聴かせていただこう。そんな事考えながら北海道からの荷物を移動させてたら積まれた荷物の中にうっかり開封してないヤツ発見!そんな訳で今更 バンドじゃないもん!サンのアルバムを聴く事に。いやぁ、素晴らしい。ヤナミュー、悪くないんだけどああいう感じのヤツ求めてるんじゃないんだよなぁ、オレ。なんだろうな、あの居心地の悪さ(笑。全然悪くないんだけど、ただああいう音楽をやるアイドルを全然求めてないってだけだな。実際、バンドじゃないもん!サンの盤、聴き込みたくなる楽曲多いし、自分らじゃ全く生まれてきそうにない発想とかドキドキするし、みゆちぃはロングホーンのベース弾いてて可愛いし、と、ま、単なるファン(笑。バンもん!を初めて知ったのはギターウルフのマネージャーやってた頃から一緒にわーわー遊んでた はっちゃく から教えてもらったんだよな。その後も色々と大人の事情を絡めて教えていただく事になったり(笑。水玉らむねチャンが在籍した頃とか最強に好きだったな(笑。で、らむねチャンとはBiSの解散ライヴ@横浜アリーナで会ったりと。ま、意外と好きになって長いバンもん!サンの新譜とギャンパレさんは車内ヘヴィロテ決定。ハマケンくんも楽曲提供した時ガッツポーズしたもんな、そーいえば。まんま在日ファンクってのも良かった(笑。

                     

                     <HONEST JONS>の重要人物:HOWARD WILLIAMSがコンパイルする素晴らしいコンピ!てか、リリースして速攻で各地で売り切れてるじゃん!!!日本の音楽収集家としても有名なHOWARDサンのこだわりとセンスが光りまくる盤が自身主宰のレーベルからリリースされちゃったんです。打ち込みと尺八による悶絶の楽曲が飛び出したり、「Yakuza No Uta」という楽曲がスペーシーなアンビエント観たっぷりで悶絶したり、刺激しかないというトンでもない逸品!!!まさにサイケデリックとはこの事かと!雅楽、民謡なども独自の視点から見出したグルーヴを提供してくれているのでかなり新鮮だし、ハッとする瞬間多発!異文化圏の方から提示された日本の音楽に驚く日本人になっておりますです、オレ(笑。興味ある方は見掛けたら是非!てか、見掛けるチャンスがもうないかもしれない盤なのです。

                     

                     実に13年振りとなったARTO LINDSAYのオリジナルアルバムが素晴らしく、NO WAVE以来のパンク精神と近年コスポリタリズムがホント最高のポイントで融合した鳥肌モンのサウンドで、しかも裏テーマが「ブラジル民間信仰カンドンブレの音楽とゴスペルの融合」という...。あの重厚なオルガンとパーカッションでドキドキしたのってその事なのかッ!ま、兎に角、痺れるくらいカッコ良い盤でした!

                     

                     

                     

                    ★本日の入室

                    【CD】

                    Mr.ITAGAKI a.k.a. ITA-CHO / Bamboo Moon Rock 【 MIX CD 】 ( CD-R/VINYL PIMP/JPN )

                    ヒューヒューボーイ / Still Crazy 【 MIX CD 】 ( CD-R/BEACHWHISTLE/JPN )

                    ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

                    【VINYL】

                    ARTO LINDSEY / Cuidado Madame 【 FABULOUS!!! 】 ( LP/PONDEROSA/EU )

                    CREATION REBEL / Starship Africa 【 DUB/REGGAE 】 ( LP/ON-U/UK )

                    SUN RA & HIS SOLAR ARKESTRA / I Roam The Cosmos 【 RARE GROOVE/JAZZ 】 ( LP/ART YARD/UK )

                    鶴岡龍とマグネティックス / LUVRAW 【 CROSSOVER/MELLOW/TALK BOX 】 ( LP/JET SET/JPN )

                    池玲子 / 恍惚の世界 【 FABULOUS!!! 】 ( LP/BAMBOO/UK )

                    V/A (Japan Blues) / Sells His Record Collection 【 RARE GROOVE/JAPANESE 】 ( LP/JAPAN BLUES/UK )

                    PERCEPTO Days 170424

                    2017.04.24 Monday

                    0

                       知人女性が4月22日、八王子で行われたエビ中のライヴに行ってきて、その感想がアツ過ぎて困ってしまったが、彼女が楽しんだのと同時にすげー泣いたってのも伝わってきてコチラもちょっとグッと来てしまった(笑。で、その時の映像が既にオフィシャルでアップされてたんだけど、これ完全に先日他界してしまった りななん への曲じゃんか!作詞作曲はレキシの池チャン!流石としかいいようがない歌詞。てか、知人女性が教えてくれたけど曲名「なないろ」は「7・1・6」で、りななん の誕生日が7月16日だという事らしい。もう、池チャン、大好き!!!そんな池チャンのレキシの新曲のMVがJOURNEYの「Sparate Ways」まんまで笑いました(笑!

                       

                       はい、もうジャケットからして最高のデトロイト産!!!ELZHIをMCに迎えてのNAS「Illmatic」の生演奏カヴァーの衝撃から早6年。それと同時期に発表されたヒップホップのサンプリングで使われた名曲たちをまるでミックステープのように繋いで演奏するミックステイクス・シリーズもこれまた相当な衝撃で一気に『WILL SESSIONS』というデトロイトのファンク・グループの虜になってしまったワケですが、この度、待ちに待ったアルバムが投下されまして、もう堪らんのであります(笑。彼らを一躍有名にした前述のヒップホップ流れから一旦距離をおいた感のあるパンチ力たっぷりのデトロイト・ファンカもりもりな内容で、期待以上の音のエグさに完全にヤラれてしまっているのです(笑。ここ2、3年の7インチでリリースされてきた流れが結実した直球ファンク・ボムの素晴らしさよ!で、何気に「Cherry Juice」が収録されててオシッコ漏れましたよ!この7インチ手に入らなかったんだよぉぉ!!!てか、知った頃には在庫無かった。しかも、『WILL SESSIONS』名義ではなく、PICKY G名義だったという..。そ、『WILL SESSIONS』のRYAN GIMPERTの変名だったのよね。で、演奏は『WILL SESSIONS』!ま、それだけなら全然手に入らなくても悔しくもないんですが、実はこの曲にフルートで参加しているのが今は亡き ALLAN BARNES なんですよ〜!!BLACKBYRDSのメンバーでもあったALLAN BARNES!!!いやぁ、この曲収録してくれてホント感謝しかないっす!!あのAMP FIDDLERも先日リリースされた7インチとは別曲でまた参加してるし、手に入れない理由が全くない!

                       

                       欅坂46の「不協和音」、施しを受けました。悪くないと思います。てか、何度も聴きそうな気がしているのがコワイ(笑。

                       

                       

                      ★本日の入室

                      【CD】

                      ROSE ROSE / The Final Sign For Creatures 【 HARDCORE 】 ( CD/B.T.H./JPN )

                      ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

                      【VINYL】

                      WILL SESSIONS / Deluxe 【 FUNK 】 ( LP/SESSIONS SOUNDS/US )

                      CHRIS HAZELTON'S BOOGALOO 7 / Soul Jazz Fridays 【 SOUL JAZZ 】 ( LP/SUNFLOWER SOUL/US )

                      ROB MEHL / House On The Rock 【 RARE GROOVE/AOR 】 ( 7"/ALOHA GOT SOUL/US )

                      MARY & THE FLYING BOWTIES / It's Only A Paper Moon 【 JIVE/SWING 】 ( 7"/NiW!/JPN )

                      バニラビーンズ/THE PEN FRIEND CLUB / Sweet Life/River Deep Mountain High 【 FABULOUS!!! 】 ( 7"/SAZANAMI/JPN )