PERCEPTO Days 170515

2017.05.15 Monday

0

     カミヤサキ最高かッ!というワケでBiSサンの新しいMVが公開され、隠れハンザムズなオレはもう堪らないワケです。楽曲は若干BiSH色のある感じで最初「おやッ?」と思いましたが、ルイちゃんがいつになく可愛いし、新しく入ったコのパートが結構耳に残ったりで合格点。で、英語っぽく聞こえる日本語詞というアノ流れ!そう、竜宮寺育!!!解散前のBiSと現体制のBiSを比べる事が非常にナンセンスだって事が前作「Re:STUPiD」で十分理解出来たので新しい楽しみ出来始めてる(笑。そして、LABのショップバッグ持って写真撮ってくれたカミヤサキに再び何かを、何かを!!!そういえば、DOLL誌のメンバー募集ページでスキンヘッドの女子をウォントしてたあのヒト元気かなぁ?って坊主頭が似合いすぎているカミヤサキを見ながらいつも思い出す(笑。

     

     BANDCAMPを巡っている時に偶然に耳にした冷徹で攻撃的なインダストリアルな音。『ALEXANDRA ATNIF』とアーティスト名が明記されていた。しかも<DETROIT UNDERGROUND>からその冷徹な音はリリースされたいた。ポチらないという選択肢は無い。そのデジタル音源が『ALEXANDRA ATINF』、彼女にとっての最初のリリースだと思われる。で、当然フィジカルも探し出すワケですが、3本のカセットテープはもう売り切れで、他は全く見つからず、というか、それ以外フィジカルではリリースしていないぽかった。ちょっとした絶望感(笑。そんな中、朗報が!!2014年〜2015年の録音を纏めてくれた二枚組のCDが突如リリースされた!やっぱり、この音を欲しているヒトは多かったのだ!チープな機材とフリーウェアを操り生み出した無駄の無いミニマルなトラックに打ちのめされるオレの脳と身体。かつてのノイズ/インダストリアルが持っていた殺傷能力と凶暴さが見事に蘇ったように思えてガッツポーズしか出てこない!!!!俗に言われるインダストリアル・テクノとは明らかに一線を画した殺伐とした風景。聴いた後に残るのは抜け殻になったオレ。『ALEXANDRA ATNIF』曰く、このサウンドは、ブルータルな手法を用いたブルータリズムからインスパイアされた「リズミック・ブルータリズム」と呼ぶらしい。つくづく最高な女性だ。そして彼女の経歴を見て、建築学と現代音楽を学んでいた事が分かり非常に納得したと同時に恋に落ちた。この盤、ホント素晴らしい!!あ、先ほど、この音を多くの人が欲していた、と発言しましたが、それ撤回。限定250枚プレスという事なので多くのヒトどころか変なコレクターだけが欲していたのかも(笑。しかし、一点ごと趣が違うハンドメイド・メタリック・アート・ジャケットという嬉しさ!

     

     

    ★本日の入室

    【CD】

    ALEXANDRA ATNIF / Rhythmic Brutalism Vol.1 【 RHYTHMIC BRUTALISM 】 ( 2CD/ALEXANDRA ATNIF/US )

    FULL OF HELL / Trumpeting Ecstasy 【 GRIND CORE/POWER VIOLENCE 】 ( CD/DAYMARE/JPN )

    ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    【VINYL】

    DAZZLE / s/t 【 RARE GROOVE/BOOGIE 】 ( LP/EXPANSION/UK )

    J DILLA / J DILLA a.k.a. KING DILLA 【 HIPHOP 】 ( LP/NE'ASTRA MUSIC GROUP/US )

    DOGG MASTER / O.C Girl 【 FUNK/TALK BOX 】 ( 7"/DOGG PHUNK PLACE/FRA )

    MILES BONNY / Miister Man 【 NU FUNK 】( 7"/BASTARD JAZZ/EU )

    スポンサーサイト

    2017.11.02 Thursday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする