PERCEPTO Days 1706

2017.06.28 Wednesday

0

     BiSHの幕張どうしようかなぁ。younGsoundsサンもそろそろ地味に活動再開していきたいしなぁ。てか、新曲の歌詞未だに纏まらず...。あ、もう新曲じゃないか。にしても、色んな欲が出て纏まるもんも纏まらない状態だし、今まで4パターンくらい考えたけどそれらでライヴやっているイメージが浮かんでこないんだよねぇ。それホント重要な事なんだよなぁ。って事は、オレはそれを求めてはいないって事なのでやっぱりやり直しなのかなぁ(笑。ヘコタレてたので、先日の<BOMBER -E>でのBiSHのライヴを観たら、アユニちゃんが逞しくなっててグッときた。アイドルの時間の密度の濃さはやっぱり異常だな。それゆえに儚い。

     

     大好きな日本を代表するインダストリアル・ノイズ/パワーエレクトロニクス軍団:GRIMの中心人物『小長谷淳』サンのソロアルバムが素晴らしくて震えまくっております。ま、そもそも1984年に、現在VASILISKで活躍している桑原サンと共にWHITE HOSPITALというこれまた国産インダストリアル・ノイズ最高峰なグループを結成したお方で、もうね、小長谷サンと桑原サンってのは孤高の存在なワケです。そんな『小長谷淳』サンがソロアルバムを出す、しかもアナログ200枚という事で取りこぼしのないようにとアンテナ張りまくってました(笑。実際、前作は入荷出来ず涙を飲んだ次第。ソロ作品に於ける小長谷サンの立ち振る舞いもそれはもう素晴らしく、GRIMとはまた一味違った荘厳な世界で魅せてくれますです。ホント、ファンタスティック!特にアルバムのタイトル曲ともなっている「Memento Mori」。これはソロ作品の特徴とも言えるオルガンとヴォーカルによる楽曲なんですが、その美しさに腰抜かします!オルガンとヴォーカルが織り成すそれはまるで宗教音楽のようにも響き、間違いなく聴くモノを救済してくれます。勿論、今まで培ってきたコアな部分も見事に活かしており、だからこそ惹かれたヒトたちはより深く、より深くへと誘われちゃうんですけどね。呪術ビートに空気を切り裂くような声が堪らない楽曲もあったり、何回聴いても慣れる事のない感動があるレコードに仕上がっちゃっているんです!!!最高です、小長谷サン!!!!

     

      それでは、GRIMの海外公演の映像を。素晴らし過ぎる!!!

     

     7月5日は 夢眠ねむサンのヴォーカロイドなアルバムが「夢眠ネム」名義でリリースされますが、その盤には ねむヴォーカロイドによる「コズミックメロンソーダマジックラブ」も収録されており、個人的に堪らんのです。オリジナルは入手が結構困難になってるようですが、未開封がオレの手元にあります(笑。推し以上だよ、夢眠サン。またお会いしましょう。では、マイライフフェイヴァリットの「コズミックメロンソーダマジックラブ」をどうぞ。

     

     

     

    ★本日の入室

    【VINYL】

    JUN KONAGAYA / Memento Mori 【 FABULOUS!!! 】 ( LP/STEINKLANG/EU ) 

    TERRY RILEY / Persian Surgery Dervishes 【 AMBIENT 】 ( 2LP/AGUIRRE/EU )

    MAGGI PAYNE / Crystal 【 AMBIENT/電子音楽 】 ( LP/AGUIRRE/EU )

    STRAWBERRY SWITCHBLADE / 1982 4-Piece Demo 【 NEW WAVE 】 ( 7"/NIGHT SCHOOL/UK )

    ROBERT MONTGOMERY / Time Of The Day 【 MODERN SOUL 】 ( 7"/SOUL JUNCTION/UK )

    TOM AND BOOT BOYS / Punks Are Ripped Off 【 PUNK/HARDCORE 】 ( 7"/POGO 77/JPN )

    スポンサーサイト

    2017.11.02 Thursday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする